結婚費用が準備できなくて...。

30歳の時、同棲していた彼と結婚することになりましたが、もともと彼が多重債務者で返済に追われ、貯金もなかったため結婚費用を自分たちで準備することができず、親から借りました。

彼の親からは100万、私の親から50万借りましたが、結婚式の費用と結婚後の新居に関する費用を合わせるととても150万では足りませんでした。

結局私が契約していたクレジットカードのキャッシング等も利用して親からの借金と、キャッシングを合わせて合計で200万程の借金をしました。

私がお金を借りたきっかけ

私は20代前半は普通の会社員をしていました。昔からあまり貯金をするのが苦手で入ってきたものは全て使ってしまうタイプでした。

なので、ボーナスが入ると引越しをしたり貯金にまわるとこは一切なく、つねにマイナスはないけど毎月給料前はピンチな生活を繰り返していました。

20代半ば近くになり、美容業へ転職がしたくなり友達に相談をしました。そこで持ちかけられた話がマルチビジネスの話でした。

僕は31歳、民間企業で働く営業マンです。僕の20代の時、多額の借金をしてしまいました。

原因は当時ハマりまくっていたスロット。大学出たての頃でしたかね、たしか大花火ってスロット機種があってそれに夢中になっていました。

卒業後は働きもせず、それだけで食っていく!などと息巻いて毎日毎日パチンコ屋さんに通いました。昔から妙にプロ意識だけは強く、パチンコ屋さんを『職場』として捉えていました。

私はカード会社から3社から100万円ほど借りていて、それをまとめたいと思い、少しでも低金利のところをと思って探していました。

銀行系のところが金利も低くていいだろうと思い、最初はイオン銀行にしようと思って申請したのですが、審査で落ちてしまいました。

そこで次は審査が通りやすそうな銀行系をと思って、ネットでいろいろ探して見つけたのが三井住友銀行でした。

当時大学生だった私は、あまり現金を持ち歩いていませんせした。

まず落とすのや盗られるのが心配だったこと、友達と遊びに行く予定もなく金を持ち歩く必要がなかったこと。そういった理由です。

しかし親や友人から「万が一の時どうするの」といつも言われ続け、ついにクレジットカードを作る事にしました。私は普段から節約しているのでクレジットカードを作っても大丈夫だろうと思っていました...しかし私の生活は激変しました。

自分は絶対借りないだろうと思っていた時期がありました。でも、そんな思いもあっけなく崩れ去るなんて・・・20代前半に思い知らされました。

きっかけは、日常風景によくあるパチンコでした。先輩に誘われたのがきっかけでハマりだし、いつしか給料をほぼ全額と言っていいほど注ぎ込んでいました。

そんな生活を続けていると勿論、資金面で足りなくなります。でも、打ちたい!気持ちだけは財布とは反面に重くなりました。そんな時に道路上にあるアコムの無人契約機が目に留まり、ついに扉をくぐってしまいました。

最初は生活費のために・・・

もうかれこれ十数年前の話になりますが、今で言うブラック企業的なバリバリの営業会社に入り、スズメの涙程度の給料しか貰えず、自爆営業も半強制的にやらされるような環境だったため、生活するにも困るようになり、消費者金融にお世話になる事になりました。

その会社の社員はほぼ全員が消費者金融にお世話になっているような状態だったため、「借金」という、ともすればネガティブになりそうな行為に、簡単に足を踏み入れてしまいました。

最初は当時のメジャーどころの消費者金融でお金を借り始め、信販系、中堅どころの消費者金融と最終的には10社前後から借りていました。

いわゆる多重債務ですが、それでもブラックでもお金を借りられるようなところを探すと借りることができました。

私は都内で1人暮らしをしている普通のOLです。一般の事務職のため、そんなにお給料はよくありません。

でも決して贅沢をしなければ普通に暮らせます。でも田舎から憧れの東京に出てきて、子供の頃に欲しいものをあんまり変えなかった衝動からか、東京には欲しいものが沢山ありすぎて、お給料が出ると真っ先にお気に入りのブランドショップに行って手当たり次第欲しいものを買っていました。

服や靴、バック、高価な化粧品。だんだん部屋でものがあふれていったため、もっときれいで広い部屋に引っ越したいと思うようになり、自分の収入には適さない家賃の部屋まで借りてしまいました。

複数社に返済のため妹から借金

20代の頃はまだバブルの真っただ中で、若者は競うようにオシャレを楽しんでいました。

私もそうで、一着何万円もするような服を買って、毎日のようにクラブに行ったりして遊び歩いていました。女でもそこそこお給料が良かったので、給料日前でお金がなくなってもクレジットカードで買い物をしては返済を繰り返しながら買い物と遊びを楽しんでいました。

けれどバブルが弾けて、途端にお金に行き詰りました。もともと預金などしない性格だったので、返済ができなくなるのも当たり前。

数年前、娘が海外に暮らしており永住権の申請などで学校に急きょ通うことになりまとまったお金が必要になりました。

主人はすでに退職しており、私は退職まで数えるほどでした。娘も息子も高校を卒業してから海外の学校に進学したので、日本国内の学校への進学よりもかなりお金がかかりました。

しかし当時は教育積立資金を使ったり両親からお金を借りていたので何とかやりくりできましたが今回は急なことで金額もかなりまとまったお金だったので仕事で取引のある銀行の人に聞いてみると、私が既に退職間際であることやお金の振込先が直接大学などでない場合は難しいと言われました。